Information

2024年2月7日
株式会社トッパンフォトマスク

トッパンフォトマスク、IBMとEUVフォトマスクの共同開発を開始

IBMの2ナノメートルプロセス技術向けEUVフォトマスクの実用化を推進

 TOPPANホールディングスのグループ会社である株式会社トッパンフォトマスク(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:二ノ宮 照雄、以下 トッパンフォトマスク)は、次世代半導体向けの高NA EUV(※1)を含む、EUVリソグラフィ(※2)を使用した2ナノメートル(nm)ロジック半導体プロセスノード(※3)対応のフォトマスクに関する共同研究開発契約を、IBM(本社:米国ニューヨーク州、会長兼CEO Arvind Krishna)と締結しました。

 今回の契約に基づき、2024年2月から5年間、アルバニー・ナノテク・コンプレックス(米国ニューヨーク州)(※4)とトッパンフォトマスクの朝霞工場(埼玉県新座市)で、フォトマスク開発を共同で行います。

EUVフォトマスク
©Toppan Photomask Co., Ltd.

 2nmノード以細の半導体の量産には、これまで主流であった「ArFエキシマレーザー(※5)」を光源とする露光技術をはるかに超える、高度な材料選択とプロセス制御の知識が必要となります。今回のトッパンフォトマスクとIBMの合意により、両社の持つ材料技術と製造プロセス制御技術を融合し、2nmノード以細の半導体量産に向けたソリューションの提供を目指します。

共同研究開発の背景

 トッパンフォトマスクはワールドワイドな生産体制を構築する唯一のフォトマスクメーカーとして、半導体用フォトマスクの外販市場におけるトップシェアを占めており、EUV露光用マスクや基板材料の開発と製造に積極的に取り組んでいます。また、最先端のマルチビーム描画装置を複数台導入し、最新の半導体市場の要求にも応えています。

 IBMの半導体開発の取り組みは、アルバニー・ナノテク・コンプレックスにある研究所を拠点として行われています。そこでは、IBMの研究員たちが公共機関や民間企業のパートナーと緊密にコラボレーションし、ロジック・スケーリングや半導体の能力の限界を超えるために働いています。

 これまで両社は45nmノードを皮切りに、32nm、22/20nm、14nmといった各世代の先端半導体用フォトマスクや、初期段階のEUVフォトマスクの研究・開発を、2005年から2015年にかけて共同で推進していました。この度、新たな取り組みとして、次世代半導体向けの高NA EUVフォトマスクを含む、EUVリソグラフィを使用した2nmロジック半導体プロセスノードに関する共同研究開発を2024年2月から開始します。

今後の目標

 トッパンフォトマスクは、IBMと共に半導体の微細化を支援し半導体産業の発展を促進させ、日本の半導体産業の成長に寄与することを目指します。また、今後2nm以細の微細化の実現にも貢献していきます。

IBMグローバル半導体研究開発担当副社長 Huiming Bu氏のコメント

 2nmノード以細の半導体設計・製造においては、EUVおよび高NA EUVリソグラフィを活用した新たなフォトマスク技術が重要な役割を果たすと考えられます。トッパンフォトマスクとの協業では、日本の半導体サプライチェーンにおいて不可欠である、ファウンドリの先端製造体制を実現するために、新しいソリューションの開発によって先端ロジック半導体の微細化におけるイノベーションを加速することを目指しています。

トッパンフォトマスクについて

 株式会社トッパンフォトマスクは、半導体用フォトマスクの製造・販売会社として、凸版印刷株式会社(現TOPPANホールディングス株式会社)からの会社分割により設立され、2022年4月より営業を開始しました。東京に本社を構え、世界各地に広がる顧客サービスネットワークと、主要な地域にある8つの製造拠点を活用し、業界最先端の技術開発力で、外販フォトマスクのリーディングカンパニーとして半導体産業の発展に貢献します。さらに、ナノインプリントモールドを始めとする微細加工製品にも事業領域を拡大していきます。
https://www.photomask.co.jp/

  • 高NA EUV
     高NA(Numerical Aperture:開口数) EUVはEUVリソグラフィの進化形で、より微細なパターンを作る技術。高NAは光を集め、微細な構造をより正確に作り出す。これにより、半導体チップの性能や電力効率が向上する。
  • EUVリソグラフィ
     極端紫外線(EUV)光(波長約13.5nm)を使用し、微細な半導体パターンを作成する技術。この短い波長は、より微細な構造を可能にし、半導体チップの性能向上に寄与する。
  • プロセスノード
     半導体の製造技術(半導体プロセス)の世代を表す指標。
  • アルバニー・ナノテク・コンプレックス
     ニューヨーク州政府が主導し設立したナノ電子工学の研究開発を目的とした産学官コンソーシアム。
  • ArFエキシマレーザー
     半導体製造で用いられる特殊な光源。波長が193nmと非常に短いため、微細なパターンを形成するのに適している。
  • 本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
  • 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上